労働保険事務組合

労働保険事務組合大阪産業協会は、厚生労働大臣の認可を受けて、事業主が行う労働保険の事務を、事業主に代わって処理することができる団体です。


事務委託することへのメリット


1.労働保険料等の申告・納付の労働保険事務を、事業主や事務担当者に代わって、経験豊富な国家資格者である社会保険労務士が、事務処理および役所への届出をしますので、社内の事務負担の軽減になります。


2.労働保険料の額にかかわらず、3回に分割して納付ができます。(年度途中で加入した場合には、分割できない場合があります。)

 

3.労災保険に加入することができない事業主や役員、家族従事者なども、労災保険に特別加入することができ、従業員と同じように作業をしていて事故にあわれても、労災保険の適用が受けられます。

サービスの流れ

1.概算保険料、確定保険料などの申告及び納付に関する事務


2.保険関係成立届、任意加入の申請、雇用保険の事業所設置届の提出等に関する事務


3.労災保険の特別加入の申請等に関する事務


4.雇用保険の被保険者に関する届出等


5.その他労働保険についての申請、届出、報告に関する事務

 

サービスの流れ

委託できる事業主

金融、保険、不動産、小売業  50人以下
卸売、サービス業      100人以下
その他の事業        300人以下

 

適用対象エリア

近畿2府4県および隣接する県になります。
(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県、三重県、徳島県、香川県、岡山県、鳥取県)


労務に関する相談を受け付けています。お気軽にご相談ください 06-6622-4864
ページ上部へ戻る